自動車にはどんな税金がかかる?

自動車を所有すると自動車税を支払わなければなりません。ここでは自動車に関わる税金についてお話していきましょう。

 

【自動車税とは?!】

自動車税とは毎年4月1日の時点で自動車を保有している人に対して課せられる税金のことです。自動車税は都道府県税になり、軽自動車においては市町村税になります。税額は自動車の種類や、用途、排気量によって決まってきます。自動車の種類とは乗用車、トラック、軽自動車で区別され、自家用なの業務用なのかによっても異なります。また年度の途中で新規登録をしたり、廃車にしたりした場合には、月割りの金額で支払っていくことになります。

 

【自動車重量税とは?!】

自動車重量税とは新車を購入した時の車検時に自動車の重量に応じて課税される税金のことになります。この自動車重量税は国税になりますので、国に対して申告、納税することになります。2012年5月から自動車重量税は変更され、エコカー減税適用車が0.5トンあたり1年で5000円であったのが1年で2500円に変更されました。また車齢が13年未満は0.5トンあたり1年で5000円であったのが、1年で4100円に減税されました。

 

【自動車取得税とは!?】

自動車取得税は自動車の取得に対して課税される税金のことであり、都道府県や市町村の道路整備の費用に使用されていました。しかし平成21年には普通税になったので、使用目的の制限はなくなりました。この自動車取得税は都道府県税になりますので、各都道府県に申告、納税をすることになります。

 

【エコカー減税とは?】

エコカー減税はグリーン化税性と環境対応車普及促進税制の2つを合わせたものになります。この2つをまとめてエコカー減税と呼んでいるのです。適用期間は自動車税においては平成24年4月~平成28年3月までの新車登録車を対象としており、平成17年基準値低排出ガス75%低減かつ、平成32年度燃費基準+20%以上達成する車の場合は、自動車税が75%軽減、自動車重量税、自動車取得税は免税になります。このエコカー減税の導入によってハイブリッドカーが人気をよんでいます。