飲酒運転をこの世界からなくそう

飲酒運転をして事故を起こすケースは後を絶ちません。飲酒をすることによって注意散漫になり、事故を起こしてしまうのです。ここでは飲酒運転について考えていきましょう。

【飲酒運転とは?】

飲酒運転は交通法規による規制によって禁止されています。飲酒によって血中や呼気のアルコール濃度が行って、規定の数値以上になった状態で運転をすることを酒気帯び運転と言います。酒酔い運転はアルコール濃度の数値は関係なく、運動能力を欠いた運転のことを言います。

 

【どれくらい飲酒すると酒気帯び運転になるの?】

ではどのくらいの飲酒をすると酒気帯び運転になってしまうのでしょうか?現在の法律でしゃ呼吸中アルコールの濃度が0.15㎎以上で違反点数は13点になっています。さらに0.25㎎以上になると違反点数は25点です。

例えば0.15㎎の呼気アルコール濃度が検出されるには、2時間の間にビールを一杯だけ飲んでそのまま何も飲まない状態のことを言います。たったビール一杯でも口にしてしまうと酒気帯び運転になってしまうので気を付けなければなりません。最初の乾杯の1杯だけ飲もうという人がいますがこれもダメです。

 

【どのくらい時間が経過すれば飲酒運転にならない?】

コップ1杯のビールでも酒気帯び運転に該当することが分かりましたが、ではどのくらいの時間が経過していたら呼気中からアルコールは検出されないのでしょうか?アルコールが分解されるまでの時間は体質や体格、人種、性別などによって異なります。体重60キロの成人男性を例に考えてみます。アルコール1単位20gの分解に要する時間は約4時間と言われています。

つまり深夜までお酒を飲んでいると、翌朝午前中はお酒が抜け切れていないというケースもあります。実際に次の日に酒気帯び運転で検挙されたケースもあるので注意しなければなりませんね。アルコールを分解するのにはある程度の時間がかかるということを覚えておきましょう。またアルコール分解をするのは肝臓です。尿や汗で排出してもあまり意味はありません。

 

 

飲酒運転による交通事故は社会問題となっています。ここでは飲酒運転の厳罰について説明していきましょう。

【年々厳しくなる飲酒運転への罰則】

ペナルティーのイメージ

 

飲酒運転の罰則等

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/torishimari/inshu_info/inshu_bassoku.html

警視庁ホームページより

 

飲酒運転厳罰化は平成19年から始まりました。さらに2年後の平成21年には行政処分強化になり、飲酒運転へとマナーがようやく浸透してきており、年々飲酒運転による交通事故は減少しています。しかしここ最近では下げ止まりの傾向にあり、飲酒運転による交通事故が0になることはないのです。

 

【飲酒運転による行政処分】

では飲酒運転による行政処分について説明します。酒酔い運転はアルコールの濃度に関係なく、車両の正常な運転ができない状態のことを言い、基礎点数35点の減点で、免許取り消し、欠格期間が3年間になります。次に呼気中アルコール濃度0.15㎎/L以上0.25㎎/L未満は基礎点数13点減点、免許停止が90日間になります。呼気中アルコール濃度が0.25㎎/L以上の場合には基礎点数25点減点、免許取り消し、欠格期間は2年間えす。これは前歴やその他の累積点数がない場合になります。

 

【飲酒運転による罰則】

飲酒運転による罰則は車両を運転していた運転手、車両を提供した人、酒類を提供した人・飲酒をすすめた人・同乗した人の3つに分類することができます。

まず車両を運転していた人は酒酔い運転で5年以下の懲役か100万円以下の罰金、酒気帯び運転の場合は3年以下の懲役または50万円以下の罰金になります。

次に車両を提供した人は運転手が酒酔い運転をした場合、運転手と同じ5年以下の懲役または100万円以下の罰金になります。運転手が酒気帯び運転をした時、車両を提供した者は3年以下の懲役、または50万円以下の罰金になるそうです。

酒類を提供した人や同乗者は、運転手が酒酔い運転のケースで3年以下の懲役または50万円以下の罰金、運転手が酒気帯び運転の場合2年以下の懲役または30万円以下の罰金になります。運転した人だけが悪いのではなく、酒類を提供したお店の人や酒をすすめた友人、さらに同乗者、車両を貸した人などにも重い罰則が設けられています。

対象者 違反内容 懲役 罰金
 
運転者 酒酔い 5年以下 100万円以下
酒気帯び 3年以下 50万円以下
車両提供者 酒酔い 5年以下 100万円以下
酒気帯び 3年以下 50万円以下
酒類提供者・同乗者 酒酔い 3年以下 50万円以下
酒気帯び 2年以下 30万円以下

 

 

運転は常に危険と隣り合わせになっています。いくらきちんと周囲を見て運転をしていてもちょっとしたミスや気のゆるみで事故を引き起こしてしまうケースは多いです。ここでは飲酒運転がなぜ危険なのか?を考えてみましょう。

【飲酒運転の死亡事故率は非常に高い】

一般的な飲酒なしの事故と飲酒運転による事故を比較してみると、死亡事故率が飲酒運転の時に極めて高いことが分かります。その死亡事故率は飲酒なしの時の8.7倍にもなると言われており、アルコールはほんの少しの量でも脳の機能をマヒさせてしまうのです。

 

【アルコールの麻痺作用】

アルコールには麻痺作用があります。麻痺作用が起こると脳の働きがマヒして正常に働かなくなります。酔うと血中のアルコール濃度は高くなり、大脳下部の網様体がマヒした状態になります。この大脳下部は、大脳皮質の活動をコントロールしている大切な部位であり、ここの働きを麻痺させることで理性や判断を司る大脳皮質の活動が正常に行われなくなってしまうでしょう。お酒を飲んで酔っ払うと、顔が赤くなる、よくしゃべるようになる視力が低下するなどの状態に変化していき、さらに酔いが回ると近くや運動能力を司っている部分がマヒして抑制されてしまうので足元がふらついたり、同じ話を何度も繰り返してしまったりする症状が出てくるでしょう。つまり飲酒時には安全な運転に必ず必要である注意力や判断力、さらに情報処理能力などが低下してしまう状態になるのです。

 

【飲酒をするとどんな運転になってしまう?】

先ほどお話した通り飲酒をすると判断力や注意力が散漫になります。その様な状態の時に運転をすると、気が大きくなってスピードを出しすぎて、危険な運転をしたり、車間距離をきちんと把握できずに、車間距離をあけずに運転してしまったりすることもあるでしょう。また危険を察知する判断力も低下しているのでブレーキを踏むタイミングが遅くなってしまうこともあるのです。