青切符をもらうとどうなるの?

スピード違反をすると赤切符や青切符をもらうことになります。では青切符とはどのような違反を行った時にもらうものなのでしょうか?今回は青切符について説明していきたいと思います。

 

【青切符とは何なの?!】

青切符とは、一般道で29キロ以下、高速道路で39キロ以下で捕まった場合にもらうことになります。ネズミ取りや白バイ、覆面パトカーなどに捕まった場合にもらうことになるでしょう。赤切符は、30キロ以上のスピード違反や無免許運転などでもらうことになりますので、青切符は赤切符に比べると軽度な交通違反に対して適用されるでしょう。青切符をもらってしまう交通違反には信号無視、駐停車違反などがあります。赤切符の場合は交付されると即免許停止になりますが青切符はすぐに免停になるわけではありません。ただ1年の間に何回も赤切符をもらってしまうと、積み重なって免停になるケースもありますので注意しなければなりません。また赤切符の場合は、裁判にかけられますが、青切符の場合はとくに裁判などはありません。反則金を支払って納めれば手続は終了します。

 

【青切符をもらうと反則金はどれくらい払うの?】

青切符をもらう交通違反に関しては明確に反則金が決まっているのです。例えばスピード違反の場合は14キロ以内の違反であれば1点減点の普通車で9000円の罰金になります。15~19キロで1点減点、普通車で12000円の罰金、20~24キロのオーバーで2点減点、普通車で15000円の罰金になります。また高速道路で35~39キロオーバーの場合には、3点減点で普通車35000円の罰金になります。スピード違反はスピードが多ければ罰金、減点は大きくなります。また普通自動車、大型自動車、二輪車、原付によって罰金額は異なります。

 

【青切符をもらったらどうすればよいの?!】

青切符をもらってしまった場合には、青切符と一緒にもらう振込用紙で銀行や信用金庫に行って反則金を支払います。手続はこれで終了になります。振込は郵便局がだめですのでその点は注意しておきましょう。できるだけ青切符をもらわないように安全運転を心がけたいですね。